ダイエットはしたいしバストがしぼむのは嫌だし

体重がちょっと増えたし、気がついて見たらスカートのウエストが何となくキツイ、これはダイエットしろとの身体の思し召し、と一念発起のダイエットを始める人は多いでしょう。

実際、ウエストのサイズ増加は、止めたいのは女性だけとも限りません。

男女関わらずここが増えたと言う事は、健康にも差し障る可能性がありますから、ダイエットで身体を絞っておくのは正解です。

がしかし女性の場合、ダイエットで大きな悩みを背負うこともあります。

特に一番手軽な、食事制限でダイエットした時、お腹周りは減らないのにバストだけしぼんでしまう事ですね。どなたでも1度は経験のあることだと思います。

バストはそのままで、体重と何気に膨らんでしまったお腹周りやウエストを絞りたい、女性共通の望みでしょう。

一番簡単なのは勿論、ダイエットエステに行く事かもしれません。

しかしお財布の問題もありますし、自力で何とかしたいと言う場合、同じダイエットでも食事の量を減らすのではなく運動でのダイエットがおすすめです。

筋肉量を増やして代謝を上げ、食べても太らない身体にしていくのは、最高のダイエット法です。しかも上半身の筋肉がしっかりすれば、バストがしぼむことも無く周りの筋肉がしっかりすることで、バストアップも図れると言う一石二鳥の効果があります。

痩せるだけのダイエットだとどうしても、お腹よりもバストが先にしぼんでしまうものです。筋肉量を増やすための、運動をメインにしたダイエットで、単に体重を減らすだけでなく、綺麗でしぼまない形の良いバストを作り上げていきましょう。

バストからイヤな臭いが出る原因について

バストからイヤな臭いがするという悩みを持っている女性は意外と多くいています。

バストが臭いということは胸周辺が臭いということです。ワキガの臭いの元になるアポクリン汗腺は、脇の下だけではなくデリケートゾーンなどにも存在しています。

なので、乳輪部にもアポクリン汗腺があります。

アポクリン汗腺からでる汗は、臭いがするような脂質、アンモニア、タンパク質が含まれているため、乳輪の周りに汗を掻くと胸の谷間も臭くなる可能性があります。

乳輪部にアポクリン汗腺があり、臭くなる理由として生まれたばかりの赤ちゃんがお母さんのおっぱいと確認するようになっているためです。

しかし、乳輪周りのアポクリン汗腺の発達はごく稀ですが、乳輪からワキガのような臭いがすることがあります。

バストからイヤな臭いを発する原因として一番多いのは、「ブラジャーの使いすぎ」ということがあります。

もったいない精神でヨレヨレまで使っているブラジャーというのは、洗濯で落とせない汗や臭いがあるアポクリン汗腺からの多量に含んで蓄積されています。

洗濯してカンカン照りの日に干したとしても体臭や臭いとなる原因の菌や物質は繊維の中に入り込んでいるため、臭いの元は消えません。なので、見た目が大丈夫だからとかまだまだ使えるなどで長くブラジャーを使うのはよくありません。

これらの特定の条件が揃うと汗臭い臭いがしたり、バストの谷間から臭いが上がってくる感覚が出てきますので、バストからイヤな臭いを感じたらすぐにブラジャーを新しいものに変えて、古いブラジャーは捨てるようにしてください。

バストはそのままでダイエットして痩せる方法

ダイエットして体重が減ったのはいいけれど、バストが小さくなってしまったという経験はありませんか?

主に食事制限をメインとしたダイエットをした場合、バストから痩せてしまいます。

バストは脂肪がたっぷり付いていて柔らかいですし心臓に近いので、どうしても真っ先に脂肪が落ちてしまいます。

バストをそのままサイズダウンさせることなくダイエットをするなら、食事制限をメインにしないのが大切です。

まずは栄養バランスを考えてカロリーを減らしすぎないようにして、食事を食べ過ぎないことと間食をしないよう気をつけましょう。

また、たんぱく質をたっぷり取ってあげるとバストを支えている筋肉を減らさずにすみますから、バストを維持しながらダイエットできます。

女性ホルモンのエストロゲンがバストサイズとは大きな関係があります。

そのエストロゲンと似たような働きをしてくれるのが大豆製品なので、なるべく食事に大豆製品を取り入れるようにしましょう。

食事制限をメインせず、運動メインのダイエットをしましょう。

筋肉をしっかり付けてあげるとバストをしっかり支えてくれてバストのサイズを減らさずにすみます。

有酸素運動は脂肪を燃やしてくれますが、それだけでは筋肉が鍛えられないため、軽い筋トレをすると良いでしょう。

バスト周りに効く筋トレは腕立て伏せです。

最初は回数が少なくてもいいですから徐々に回数を増やしてあげて、バスト周りの筋肉量をアップするとサイズダウン防止につながります。

また、急激に体重を減らすようなダイエットではなく、少しずつ体重を減らしていくのがポイントです。

バストのサイズを減らさずに徐々に痩せていきますし、リバウンド防止にもなります。

コツコツと続けることでバストアップできる!

バストをアップさせる方法として切っても切れないものそれが女性ホルモンです。

女性ホルモンを整えることで、AカップからCカップに大きくバストアップをすることも夢ではありません。

実際にAカップからCカップになった友達がいます!

女性ホルモンをしっかり理解することで、諦めていたバストを大きくすることが実現に近づくことができるのです。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンから成り立っています。2つのホルモンは乳腺組織に作用します。

エストロゲンもプロゲステロンもバストにハリ、弾力、豊かなバストに導いてくれます。

豆乳は体にいいと有名ですが、豆乳に含まれている大豆イソフラボンはエストロゲンと同じ作用をもたらしてくれます。

豆乳を飲むことでホルモンバランスを整え、バストアップに効果をもたらすのは本当です。

他にも、きなこ、納豆、豆腐、ザクロなどホルモンバランスを整える食べ物はありますので意識して食事にとりいれましょう。

バストアップだけでなく、生理不順や肌荒れなどにも効果があります。

食べ物だけではなく、自宅で簡単にできるエクササイズもバストアップには効果的てます。特に腕立て伏せは普段日常生活ではあまり使うことのない大胸筋を使います。この大胸筋はバストアップに繋がるとても大事な筋肉なのです。

大胸筋を鍛えることで、垂れにくく、ハリがあるバストを保ち綺麗な形に導いてくれます。

普段5分でも、腕立て伏せをするだけで鍛えることができますので是非試してみてください。

バストアップは急に大きくなることはありえません。

日々コツコツと続けることと、ホルモンバランスを整える食事やサプリを継続的に取り入れることによってバストアップに繋がりますので是非諦めずにつづけることが大事なのです。

乳首の黒ずみをお悩みのかたはこちらのサイトがおすすめです!>>【乳首をピンクにする方法】乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!